2016年09月04日

城上神社

午後の観光、最初は城上神社です!

城上神社.jpg

こちらは、大物主命(おおものぬしの
みこと)を祀っている神社で、
きがみじんじゃ と読みます。

石見銀山の栄山を願う大森の氏神で
文化9年(1812年)に建造されました。

実は・・・カフェ カリアーリ
マスターに教えて貰ったオススメ
観光スポットなのです♪

こちらは、拝殿です。
拝殿.jpg

特筆すべきは、拝殿の天井に
描かれた・・・鳴き竜です!
鳴き竜.jpg
三瓶山麓の絵師梶谷円林斉守休(かじたに
えんりんさいもりやす)の手によるもので、
描かれたのは寛政の大火後の文化 15 年
( 1818 年)です。 絵の真下に立って手を
たたくと、天井がリンリンと鳴り響きます。
もともと鳴き竜は、日光東照宮の薬師堂の
天上に描かれた絵のことで、竜の頭の下の
ところで手をたたくと、音が共鳴して、
竜が鳴いているように聞こえてくるところ
から、そう呼ばれるようになったそうです。

 (石見銀山ウォーキングミュージアムHPより)

うん、何となく聞こえる気がする(笑)!

他にも、不思議な伝承残る亀石もあります。
亀石.jpg
伝承の内容は、写真内の記事を読んで
みて下さい(丸投げ)!

写真をクリックすれば、写真が大きく
表示され、きっと読めますよ〜(笑)!

城上神社
住所:島根県大田市大森町イ-1477
電話:0854‐88-9950(観光協会)
posted by tome at 14:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大久保間歩

大久保間歩
初代奉行大久保長安の名をとって
命名された大久保間歩が期間限定で
公開されます。間歩(まぶ)と呼ば
れる銀を採掘した坑道は、大小さま
ざまなものがあり、調査では600以上
も確認されています。

  (JRおでかけネットより)

さぁ、ツアースタート!
大久保間歩へ出発です!

ツアーバスに乗り、現地を目指します。
バスに乗って出発!.jpg

到着!ここからは山を歩きます〜。
バスから降ります.jpg

道中、至る所に坑道の入口が。
坑道入口.jpg

そしていよいよ大久保間歩に到着。
完全武装で、挑みます(笑)!
完全武装.jpg

まずは、入口で説明を聞きます。
入口は、通常施錠されているので、
勝手に入れません。
説明を聞きます.jpg

中は・・・ほぼ真っ暗!
そして足元は長靴無しでは歩けない
レベルの水浸しの場所もあり、
大冒険してる気分、バリバリです〜。

坑道内.jpg

よくこんなに掘ったなぁ・・・。
よくこんなに掘ったなぁ・・・.jpg

ここで(ツアー的には)行き止まり。
行き止まり.jpg
来た道を引き返します。

いや〜、楽しかった!少しお値段高め
ですが、時間に余裕があれば是非行って
みて下さいな!オススメです!

大久保間歩
住所:島根県大田市大森町
電話:0854-84-0750(予約センター)
posted by tome at 12:30| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石見銀山世界遺産センター

今回の旅行のメインそのAは・・・
石見銀山です〜。有名なのは、大久保
間歩
龍源寺間歩で、そのうちの大久保
間歩
はツアーに参加する事でしか、見学
出来ません。

まずはツアー出発地点である、石見
銀山世界遺産センター
に到着です!

石見銀山世界遺産センター.jpg

今日のツアーは・・・
まだ間に合うみたいです!
まだ間に合いました!.jpg

お約束の立て看板があれば、
顔を出さずにいられない(笑)!
お約束.jpg

そんな事してないで・・・予約、予約!
予約.jpg

本来なら大久保間歩から釜屋間歩
と巡るみたいなのですが・・・。

先日の台風の影響により、釜屋間歩へは
行けないとの事。残念ですねぇ・・・。

それではツアー出発まで、資料室を見学
しましょうか(中は撮影禁止でした)。
展示室.jpg
石見銀山の歴史、調査内容、利用された技術
や文化と、見どころのある展示でした!

石見銀山世界遺産センター
住所:島根県大田市大森町イ1597-3
電話:0854-89-0183
開館時間:8:30〜17:30
休館日:毎月最終火曜日・年末年始
posted by tome at 09:30| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする