2017年02月15日

2017年02月15日(水) 【toshi】

今日は、『まだ学生の2人に、診察される。
「大丈夫」と言われた』夢を、見ました!

何が大丈夫なのか、サッパリですが(笑)、
平和な一日でしたよ〜!!
posted by tome at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダークサイド 悪魔の力を手に入れた男

SIDEKICK
2006年公開

ストーリー
ノーマン・ニール(ペリー・ムッチ)は、リッチモンド証券に努めるサラリーマンだ。電話案内係のアンドレア・ヒックス(マケンジー・ラッシュ)に淡い恋心を抱いているが、全く見向きもされていない。ノーマンの職場はコンピューター室。ここで働いているのは、彼1人である・・・。仕事が終わり、“クリフの店”に向かったノーマンは、アンドレアや同僚のビクター・ベンチュラ(デヴィッド・イングラム)達が楽しそうに過ごしているのを横目に見ながら、1人寂しくパソコンをしながら食事だ。その後、馴染みのチャック(ダニエル・ボールドウィン)が経営するコミック店に向かうノーマン。ノーマンはこの店の手伝いをしたり、彼が描いたコミックを店舗に置いて貰ったりしているのだ。自宅に戻れば、住んでいる部屋は安普請で、耳栓をしないと隣の部屋の音が煩くて眠れやしない。これがノーマンの毎日である・・・。

ある日、給湯室でビクターとバッタリ会ったノーマン。ビクターにクリームを取ってくれと頼まれ、手渡そうとして誤って彼のカップを落としそうになる。だが次の瞬間、カップはビクターの手の中に。素早い反射神経に、驚くノーマン。その後仕事をしていると社長(ジョン・イリングワース)がやって来て、「土曜に野球大会があるので、録画してくれ」と言い残し去って行く。そして土曜になり、野球大会が開始された。バッターボックスの後ろから、試合の様子を撮影するノーマン。最初は横の位置から撮影していたのだが、ビクターが「集中出来ないから」と文句を言い、場所を移動したのだ。今日も試合は、ビクターがホームランを連発し、アッサリ勝利した。家に戻り、録画したビデオをチェックするノーマンだったが、ビクターがボールを打つシーンだけは何度見てもノイズが入り、映っていない。もしかして、ビクターには何らかの力があるのではと考えたノーマンは、翌日給湯室に置いてあるビクターのカップの下に斜めに物を置き、扉を開くとカップが簡単に落ちるようセッティングをする。隠れて様子を探ろうとするノーマン。ビクターがやって来て、扉を開けるとカップが落ちるが・・・反射神経の良いビクターは普通にカップをキャッチしてしまう。何故カップが落ちて来たのか・・・と調べていたビクターに、隠れ様子を窺っている事がバレてしまうノーマン。「俺に構うな!」と怒るビクターがノーマンに向かって手をかざすと、吹っ飛ぶノーマン。間違いない、ビクターはテレキネシス(物に触れずに動かせる超能力の事だ)の持ち主だ!

チャックの店へ、相談に行くノーマン。「本当に超能力を持っている人がいて、それをつまらない事にしか使っていないとしたら、どうする?」と質問するノーマンに、「本当に自分の能力を知らないのならば・・・誰かがトレーニングしてそいつの能力を引き出してやらねば。スーパーヒーローとなる手助けをしてやるんだ。良き指導者となって、そいつと共に歩むんだ!2人は相棒さ!そして、2人で奇跡を起こすんだ!」と回答するチャック。チャックは、ノーマンが描いている漫画のストーリーの話だと勘違いしているのだ・・・。翌日、早速ビクターに超能力のコーチを申し出るノーマン。だが、ビクターは今の生活に満足していて、そんなつもりは全く無い。全力で断られ、ショボショボとその場を立ち去るノーマン・・・。その夜、ビクターは同僚のカーソン・フレミング(ジュリアン・オーセン)と飲みに行き・・・酔っぱらったカーソンは車道へと転落してしまう。そこに走って来る車!咄嗟の事で、ビクターは何も出来ず・・・カーソンは轢かれ、即死だ。責任を感じたビクターはカーソンの仕事(顧客)を引き継ぎ、いつもにも増して働く。そして考えた末・・・もう二度とこんな想いをしないように、ノーマンに超能力のトレーニングを依頼するのだった。

ノーマンによる、超能力の特訓が始まった。ビクターの家に訪ねて行ったノーマンは最初に、ビクターが超能力に目覚めた時はいつかと尋ねる。ビクターは、12歳の時・・・夜中に牛乳を開けようとしてハサミを下へ落とし、親を起こしたくない一心でハサミの落下を止めたのが始まりだったと答える。そして実際に実験を始めるが、全く超能力は発動しない。ノーマンはビクターを挑発し、ワザと怒らせる。作戦は成功し、超能力は発動。ビクターは少しずつ、コツを覚えていく。その後、ノーマンはチャックの店に行き、いつものように店の手伝いをしながら、「しばらくここには、来れなくなる」とチャックに告げる。ビクターの特訓で、忙しいからだ。チャックは、その理由にピンと来る。この前ノーマンが相談した事・・・漫画を描くのに忙しいのだと思ったのだ。そう、チャックはこの前の話が、ノーマンが描いている漫画のネタの話だと未だに勘違いしているのだ。

ノーマンの特訓のお陰で、能力がメキメキ上達していくビクター。能力をイタズラに使うビクターに、「そろそろ有意義な使い方を考えるべきだ」と進言するノーマン。ノーマンは、ビクターを本物のヒーローにしたいのだ。だが、ビクターはそんな事にはまるで興味が無い・・・。ビクターが去った後、考え込むノーマンに、話しかけてくる人物がいた。アンドレアだ。話しかけられて喜ぶノーマンだったが、アンドレアは別にノーマンに気がある訳では無い。自分が気になっているビクターと、最近仲良くしているのを見かけたからビクターの情報を得ようと近づいたのだ。アンドレアには、他にも知りたい事があった。実は、アンドレアはカーソンに誘われ、“グッドマン工機会社”の事で会社に隠れて一旗揚げようと計画していたが、カーソンは不慮の事故で死んでしまい・・・仕事を引き継いだビクターが資料の中にあったグッドマンの資料を見ているのを、偶然通りかかったアンドレアは見てしまったのだ。「カーソンの事、(ビクターは)もう大丈夫?」と尋ねるアンドレアに、ノーマンは「まだまだらしいよ、でも誰にも見せない。彼は傷ついてても、それを人に見せない人だ」と答える。それをビクターがすぐそばで立ち聞きしていたとは知らずに・・・。

ノーマンは、またチャックに相談しに行く。誤解しているのを幸いに、自作の漫画のストーリーとして相談しているのだ。チャックは、親しい友人の死が乗り越えるべき壁だと考え、コーチは同じような状況を作り上げ、ヒーローはそれを乗り越える事で完成されると意見を述べる。悩んだ挙句、後日・・・ビクターを飲みに誘ったノーマンは、ビクターの見ている前で、車道へ飛び出す。迫り来る、車。ビクターはノーマンを超能力で動かし、助ける。酒場で、試された事に怒るビクターをなだめるノーマンは、超能力を人の為に使うべきだと説得、自作のヒーロースーツをプレゼントする。デザインも、製作も、ノーマンがやった物だ。だがビクターは人助けに全く興味が無い。スーツも受け取って貰えず、帰れと言われてトボトボと家に帰るノーマン。寂しく寝ていると、ビクターが訪ねてくる。能力を育成してくれたお礼に、一晩だけノーマンに付き合うと言うのだ。当然、スーツを着る事は断られたが。街をぶらつき、事件を探す2人だったが、そんなに都合良く事件は起こらない。諦めて帰ろうかと思った時、チンピラ達が2人に絡んで来る。能力で、チンピラ達を痛めつける、ビクター。正義の心を持って向き合えば、悪人だっていつかは改心すると考えるノーマンと、悪人は何度懲らしめても悪事をまた始めるのだから、倒してしまえば良いと考えるビクター。その根本的な考えの相違に、気付いてしまうノーマン・・・。そう、ノーマンはヒーローでは無く、悪魔を育ててしまったのだ・・・。

感想
〇SFサスペンス映画ですね。何となく、ジャケットに惹かれてレンタルしてみました!

〇アメリカンコミックのヒーローが大好きなノーマンは、会社員として働きながら、時々コミック店の手伝いをしたりして・・・「もし、自分に超能力があったらなぁ・・・」とヒーローになる日を夢見ていた。そんなある日、ふとした事から同僚のビクターがテレキネシスの能力を隠し持っている事を知る。そこでノーマンは、ビクターの超能力を磨くコーチを申し出る。バットマンとロビンのように、ビクターをヒーローとして育て上げ、サポートする立場になろうと考えたのだ。最初はその提案を断っていたビクターだったが、同僚が事故で死ぬ瞬間助けられなかった事からノーマンの提案を受け入れる。ノーマンの協力で、能力をメキメキと伸ばしていくビクターだったが・・・彼はノーマンが思い描くような性格では無かった。次第に闇に染まっていくビクター。その時ノーマンは・・・といった内容です。

〇まずね。1番言いたいのは・・・『ジャケット詐欺だろ!』って事ですね。こんな、ヒーローっぽい人が活躍するシーン、無いからね!

〇シナリオは、結構上手いなぁ。飽きる事なく、観られました。ただ・・・ラストはもうちょっと何とかならなかったのかな?これ・・・バッドエンドでしょ!スッキリしませーん!

〇もし私にこんな能力があったら(って考えるのが、厨二だよな・・・)。正義の味方もやってみたいけど、しないだろうなぁ。個人で出来る正義って、限度あるしね。最初のビクターみたいに、たまーにコッソリ自分の利益になる事するぐらいでしょうねぇ。小心者だから(苦笑)。

〇ノーマン、自作のヒーロースーツをビクターに贈るのですが、突っ返されるんですよ。まぁ、それが普通の人の対応ですけど。それをラストで、自ら着るんです。「お前が着るんかい!」って突っ込んじゃいましたよ。しかし、君らかなり身長違ったような・・・。良く着れたね?はっ!?もしかして、ビクターが受け取ってたら、ピッチピチのタイツマンだったんじゃ(笑)?!

ラストは・・・別館へどうぞ!(ここをクリックしてね)

ダークサイド 悪魔の力を手に入れた男 [DVD]
posted by tome at 20:03| Comment(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

2017年02月14日(火) 【toshi】

今日のフィギュアーツのコーナー!

フィギュアーツ ダークカブト(真骨彫製法).jpg

仮面ライダーカブトから、ダークカブト
(真骨彫製法ver.)です!

TAMASHII NATION2016開催記念商品だったの
ですよね〜。関東の人じゃないと、買えないじゃん!

イベント終了後に魂ウェブ商店にて抽選販売
しましたが、待ちきれず・・・。

ヤフオクにて、未開封品を、6,850円でゲットです!

くそぅ、定価以上じゃねーか・・・。

S.H.フィギュアーツ(真骨彫製法) 仮面ライダーダークカブト(魂ネイション2016限定)
↑こちらのお店でも、購入出来ます〜♪
posted by tome at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする