2016年09月16日

2016年09月16日(金) 【toshi】

今日は財布をすられる夢を見ました。

夢占いだと、金運アップらしいですねぇ。
楽しみです〜。

ただ・・・。
おぼろげですが、財布を取り返したような。
んー、逆夢かな(笑)?!
posted by tome at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステキな金縛り

2011年公開

ストーリー
ある雷の鳴る夜。急いで屋敷に戻って来た妻は、夫である日野勉(山本耕史)に詰め寄る。勉のそばには、一人の女性が。妻が留守なのを幸いに、浮気をしているのだ!逃げた女性に、怒り襲い掛かる妻。その手を払いのけようとして抵抗した女性は、誤って妻を階段の下へと突き落としてしまった・・・。

宝生エミ(深津絵里)は弁護士である。今朝、寝坊したエミは、同棲中で役者の工藤万亀夫(木下隆行)が作った朝食を食べる暇もなく、慌てて家を飛び出した。今日は裁判が開かれ、エミが弁護をする予定なのだ!遅刻して裁判所に出廷したエミは、資料をひっくり返した上に、意味不明な弁護をし・・・結果、被告人から弁護士を替えろと言われてしまった。事務所に戻ったエミは、上司である速水悠(阿部寛)に散々怒られ、次の案件が最後のチャンスだと宣告されてしまう。被害者は、美術品のバイヤーで矢部鈴子(竹内結子)。自宅のマンションの裏庭で発見された。死因は、転落死。鈴子の部屋は争った形跡があり、窓際に鈴子の物では無いボタンが一つ落ちていた。やがて、別居中の夫・矢部五郎(KAN)が行方不明になっている事が判明。五郎の部屋を調べたところ、ボタンが一つ取れた背広の上着が見付かった。翌日、奥多摩の山中で彷徨っていた五郎が保護され、即逮捕された。だが、五郎は犯行を否認したのだ・・・。

五郎の弁護をする事になったエミは、早速刑務所に捕らえられている五郎に面会に行く。五郎の話によると、奥多摩には・・・自殺をする為に行っていたらしい。だが死にきれず、鬼切村にある“しかばね荘”という旅館の“歯軋り[はぎしり]の間”に泊まり・・・そこで一晩中、落ち武者の霊によって金縛りにあっていて、動けなかったと言うのだ。だがそんな話、裁判長の管仁(小林隆)も、検事の小佐野徹(中井貴一)もまともにとりあってはくれるハズがない・・・。しかも、宿の女将・猪瀬絹(戸田恵子)が、偶然部屋を覗いたら五郎の姿は無かったと証言しているのだから、たちが悪い。何か得られる物があるかも知れないと、しかばね荘に向かうエミ。バスを降りて山道を延々雨に濡れながら歩き・・・ようやくしかばね荘へと辿り着く。女将は、「たまたま襖[ふすま]が開いていたもんだから中を覗いた」と証言する。女将に宿の中を案内して貰う、エミ。隣にある“耳鳴りの間”は、その部屋に泊まった客が、落ち武者の霊を見たというのが原因で、現在使われていないらしい。五郎は当日、トイレに行った後、間違って“耳鳴りの間”に戻って落ち武者の霊に出会い金縛りにされたのでは・・・と考えるエミ。

その夜、雨のせいでバスが止まってしまったので、どうせなら・・・と“耳鳴りの間”に泊まる事にしたエミ。電気を消して、エミが寝ていると・・・エミに覆い被さるように、落ち武者の霊が現れる!思わず、悲鳴をあげ、落ち武者の霊を突き飛ばすエミ。突き飛ばされた落ち武者の霊は驚き、逃げようとするが、エミに腕を掴まれ五郎の写真を見せられ・・・事件当日、五郎の上にまたがっていた事を白状する。落ち武者の霊の正体は、北条家 家中・更科六兵衛(西田敏行)。エミは六兵衛に、証言を依頼する。最初は断っていた六兵衛だが、エミが「無実の罪で裁かれるんです!このままじゃ殺人罪で有罪になってしまうんです!」と訴えると、態度が変わる。実は六兵衛も、敵の間者(スパイの事)の疑いをかけられ、無実の罪で打ち首となって死んだのだ。証人になる事を承諾する、六兵衛。有力な証人を得たエミは、その夜のうちに六兵衛を連れてタクシーで帰る事にする。途中、六兵衛の希望でファミレスに寄ったエミ達(六兵衛は物を食べる事は出来ないが、香りを楽しむ事なら出来るのだ)。六兵衛は、裁判で証言をする代わりに、自らの名誉を挽回して欲しいとエミに頼む。慰霊碑を立てる事が、名誉挽回に繋がり、それで六兵衛は成仏出来るらしい・・・。

事務所に戻ったエミと六兵衛。だが速水には、六兵衛の姿が見えない。そこで、エミは一旦帰った事にして、六兵衛を一人、速水の部屋に残す。他に誰も居ない部屋で、チョコレートを食べタップダンスの練習をする、速水。そこにエミが戻って来て、部屋で速水が何をしていたかをピタリと言い当てる。部屋に残っていた六兵衛が見た事を、全て伝えたのだ。さすがに幽霊の存在を信じざるを得ない速水。その日から、裁判が終わるまで、六兵衛はエミの家で暮らす事になった。万亀夫の後ろに立ち、裁判所に提出する六兵衛の写真(心霊写真)を撮る、エミ。役者である万亀夫の時代劇の撮影現場に見学に行き、合戦の様子に血が騒ぎカメラに映り込む六兵衛。エミは、六兵衛を連れて歴史学者の木戸健一(浅野忠信)を尋ねもした。木戸の研究によれば、やはり六兵衛は無実の罪で処刑されたらしい。しかも、偶然とは恐ろしい。何と、驚く事に・・・木戸は六兵衛の子孫であった。エミは木戸に、慰霊碑を建てる事を協力して欲しいと切り出す。木戸からすれば、弁護士であるエミがそんな事を言い出す意味が分からない。そこでエミは、六兵衛の霊がすぐそばにいる事、慰霊碑を本人が望んでいる事を正直に話す。最初は疑っていた木戸だったが、見えはしないものの・・・確かに何かがいる気配を感じ・・・感動して号泣する、木戸・・・。

そして、いよいよ裁判当日。次は証人である六兵衛の証言の番だが、六兵衛はその場にいない。幽霊なので、日が出ている間は姿を現せないのだ。今日の日の入りは、あと2時間後。何とか説得し、一旦休廷という形に持ち込む事に成功する。そして日が暮れ・・・六兵衛がようやく現れた。だが菅裁判長には、六兵衛の姿が見えない。そして、現実主義者の小佐野検事は激怒。こうなる事は最初から分かっていたので・・・幽霊の存在を示す為、大掛かりな機械を設置する、速水。機械が作動すると、砂鉄が六兵衛の姿をかたどりだす!場はパニックとなり、一旦中断となる裁判。抗議する小佐野検事を菅裁判長はなだめ、何とか裁判再開だ。六兵衛の話をエミが通訳のような形で喋るが、小佐野検事は「これは単に弁護人の一人芝居です」と意義を申し立てる。確かに、そう言われても反論出来ない状況なのは、エミも承知している・・・。考えた末、六兵衛が『息を吹きかける事が出来る』事を思い出す、エミ。偶然速水が持っていた笛のラムネ菓子に、六兵衛が息を吹きかけると・・・音が出るのだ!質問の答えが“イエス”なら、一回、“ノー”なら二回、笛を吹いて貰えれば、ちゃんと会話が出来るのである。それでも、「あくまでもトリックで、幽霊など存在しない!」と言い出す小佐野検事。だが、六兵衛は、自分と目が合った小佐野検事が目を逸らした事に気付く。小佐野検事も、本当は六兵衛が見えているのだ!あくまで菅裁判長に異議を申し立てる小佐野検事に被るように、喋りたてる六兵衛。すると小佐野検事は耐えきれず・・・「うるさい!今、私がしゃべっているんだ!」と怒鳴ってしまう。勿論、菅裁判長には六兵衛の声など、聞こえていない。どう答えて良いか分からない小佐野検事は、強引に休廷に持ち込んでしまう・・・。

見えているエミや被告人の五郎、そして小佐野検事と、見えない菅裁判長や速水。その違いは何なのだろう?事務所に戻り、考えていたエミと速水。その時、新聞に目が留まる、速水。法廷画家・日村たまる(山本亘)が、克明に“六兵衛が法廷で笛のラムネ菓子を吹く姿“を描いていたのだ。早速、日村に会いに行く、エミ。そして見える人の共通点が、@最近、ツイてないA最近、死を身近に感じた事があるBシナモンが大好き の3つである事が判明した!エミは、インド料理を食べている小佐野検事に会いに行き、これらの証拠を突き付け・・・「六兵衛が見えていますね?」と問いかけるが、小佐野検事は頑なに「死後の世界など、存在しない」と言い張る。その時、六兵衛が犬を連れて現れる。それは、最近交通事故で死んだ、小佐野検事が飼っていた犬・・・ラブラドールのラブだった。エミに頼まれた六兵衛が、あの世にいるラブを探して連れて来たのだ。感動の再会に歓喜した小佐野検事は、遂に、六兵衛の存在を認めるのだった。これでようやく裁判で戦える!と考えるエミ。だが真犯人が、邪魔な六兵衛を消す為、陰陽師・安倍晴明・・・の無二の親友・阿部めいめい の35代目の子孫・阿倍つくつく(市村正親)を雇っていた事を、この時はまだ知る由もなかった・・・。

感想
○三谷幸喜が監督・脚本の、コメディタッチの法廷サスペンス映画ですね。三谷幸喜の作品が好きな人は、ハマる内容だと思います。かなり面白かったですよ〜。あ、もしこれから観るつもりなら、このブログ読まないでね?犯人、分かっちゃうので(笑)!

○崖っぷちの弁護士・宝生エミが担当した事件。ようやく見つけ出した光明だったが、その証人は何と・・・落ち武者の霊・更科六兵衛だった!・・・という内容です。そりゃ、前代未聞の裁判ですよね〜。これが通るのなら、検事も弁護士も要らないんじゃ?毎回、被害者の霊を霊媒師が呼んで来て、犯人特定して貰えば良いんですよ(笑)!!

○ある条件で霊が見えるようになるんですが。他の霊って、見えないもんなのでしょうかね?あちこち、ウロウロしていると思うのですが・・・。

○六兵衛、撮影所で普通にテープに映ってましたよね?裁判長達、姿見えない訳ですし・・・毎回質問する度に録画して、それを再生すれば皆にも姿見えるんじゃ・・・?

ラストは・・・別館へどうぞ!(ここをクリックしてね)

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD] - ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション -
posted by tome at 16:56| Comment(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

2016年09月15日(木) 【toshi】

昨日ですが、天王寺でこんな催しを発見!

行ってみたい!.jpg

妖怪好きの血が騒ぎます!
次の休みに、行ってみよう♪
posted by tome at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする